【フランスのニュース】新型コロナにイブプロフェンはダメ?

こんにちは!薬剤師芸人の三部透です!

今回は先日フランスの厚生大臣がツイートして話題になった
「新型コロナウィルスにイブプロフェンを推奨しない」ということについて紹介・解説したいと思います!

新型コロナウィルスについて各所からの発言


3月14日、フランスの厚生大臣(元は神経科のお医者さん)オリヴィエ・ヴェランさんが
新型コロナウィルスについてこのように発言しました。

抗炎症薬(イブプロフェン、コルチゾンなど)は感染の悪化要因になる可能性があります。熱がある場合は、パラセタモール*を服用してください。 すでに抗炎症薬を使用している場合、または疑わしい場合は医師に相談してください。」

*「パラセタモール」:熱や痛みを抑えるアセトアミノフェンのことです。
日本だとカロナールや市販薬のタイレノールに含まれます。


新型コロナウィルスに感染した人はイブプロフェンなどを飲まずに「アセトアミノフェン」を飲むようにしてください、といった内容でした!

そしてこのフランス厚生大臣の発言を受けて、ウィーン大学ではこのように新型コロナウィルスと薬の関係性について批判的な発言しました。

「Covid-19患者または感染者に非ステロイド性抗炎症薬*またはACE阻害剤またはサルタンを服用することによる悪影響の科学的証拠はありません。

*「非ステロイド性抗炎症薬」:炎症を抑えるものとして「ステロイド」と「非ステロイド性抗炎症薬」があります。非ステロイド性抗炎症薬はステロイドではないが炎症を抑える薬のことで、通称NSAIDs(エヌセイズ)と略されます。イブプロフェンもNSAIDsです。
またNSAIDsは市販の解熱鎮痛薬にほとんど含まれていて、CMでも有名なロキソニンイブ特定のバファリンに含まれています。)


つまりウィーン大学では感染者がイブプロフェンなどのNSAIDsを飲んでも悪影響はないと言っており、フランスの厚生大臣と意見が全く違います。現在このように新型コロナウィルスと薬について意見が分かれている状態なんです。

結果として、新型コロナウィルスに感染したらイブプロフェンは駄目なのかというと、
私は「現状わからない」が正解だと思います!

それはまだイブプロフェンがどのように症状を悪化させるのかがわからないからです。


ただ他のウィルスとしてインフルエンザにかかった際は、イブプロフェンやロキソプロフェンなどのNSAIDsよりも、効果は弱いけど安全な「アセトアミノフェン」が推奨されています。

なぜインフルエンザに「アセトアミノフェン」が推奨されるのか


「アセトアミノフェン」が推奨されるのは、イブプロフェンなどを含む非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と熱の下げ方が違うからなんです。

アセトアミノフェンは、脳の体温を調節する場所に直接作用して熱を下げます。

一方でNSAIDsは、熱や痛みを起こす「プロスタグランジンE2」という物質があるのですが、それを生み出すシクロオキシゲナーゼという酵素の邪魔をすることで熱を下げます。


このプロスタグランジンは熱や痛みを起こすもの以外にもたくさんの種類があり、中には傷ついた血管を治したり胃の粘膜を守ってくれるものがあります。
熱を上げてしまうのも人間にとっては考えものですが免疫を上げようとする立派な行為なんです!

そのためNSAIDsを飲むと、脳の傷ついた血管を修復できずにインフルエンザ脳症という脳が膨れてしまう病気になりやすくなるため「アセトアミノフェン」が推奨されているんです!

インフルエンザ脳症とは、インフルエンザで発熱したあとに脳が膨れ上がることによって、突然痙攣や異常な行動を起こす病気です。
主に15才までの子供がなるのですが成人でもなることがあり、致死率10%・後遺症は25%と非常に生命に危険な病で、日本では年間100万人がインフルエンザにかかり、100人ほどがインフルエンザ脳症になっております。


新型コロナウィルスは通常の風邪やインフルエンザと症状が似ているとされ、もしかかった際もご自身で判断するのは難しいと思います。そのため熱や頭痛などがあり市販薬を飲まれるのでしたら「アセトアミノフェン」を飲まれるのが一番良いかと思います。

アセトアミノフェンが含まれる市販薬

 
そこで病院に行けないときで熱があるときに、アセトアミノフェンを含んだオススメの市販薬を紹介したいと思います! 

<小児向け>

小児用バファリンCⅡ (3才~15才未満)

【第2類医薬品】小児用バファリンCII 32錠

飲みやすいフルーツ味の小粒の錠剤です
CⅡの”Ⅱ”とは、前に「小児用バファリンC」という薬が売られていたのですが、その中に入っていた「アセチルサリチル酸」という成分が小児にライ症候群という意識障害を起こすことがありました!

そのため 安全なアセトアミノフェンに変更になった際に2番目の薬としてCⅡとなりました!

小児用バファリンチュアブル (3才~15歳未満)

【第2類医薬品】小児用バファリン チュアブル 12錠

こちらはチュアブルという種類の錠剤で、噛んで飲むことのできる薬です!
飲むのが苦手なお子さんでも平気な薬となっています。

バファリンルナJ (7才以上)

【第2類医薬品】バファリンルナJ 12錠

ルナJのJは、ジュニアのJです。
また同じ似たような名前で「バファリンルナI(アイ)」があるのですが、
こちらはNSAIDsの
イブプロフェンが入っているので注意です!

ノーシンAc (7歳以上)

【第2類医薬品】アラクス ノーシンAC 24錠

<15歳以上の方向け>

大人の方は2種類の市販薬がございます!

タイレノールA (15歳以上)

【第2類医薬品】タイレノールA 20錠

ラックル速溶錠 (15歳以上)

【第2類医薬品】ラックル 24錠

以上がアセトアミノフェンのみが入っている市販薬一覧です!
基本的にこれ以外は漢方薬NSAIDsが含まれています。

以上「新型コロナにイブプロフェンはダメなの?」でした。
結論として新型コロナに対してイブプロフェンはどうなのかというと場所によって意見が異なり「現状わからない」ということになります!

しかし、風邪かインフルエンザかわからず病院に行けないときは、市販薬の「アセトアミノフェン」が最も安全ではございますので、新型コロナかどうかすぐに検査出来ない現状では「アセトアミノフェン」が含まれている製品を飲むのが最も良いと思います!

読んで下さりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました